美容整形外科で黒子取り|ほくろを治療して目立たなくしよう【一日で終わる施術が多い】

美容整形外科で黒子取り

看護師

電気メスやレーザーで施術

美容整形外科で主に使われているほくろ治療の方法は、電気メスと炭酸ガスレーザーです。他にも大きさによっては、切開して患部を切り取る施術法を選択する場合もあります。どの方法になるかはケースバイケースで、カウンセリングを受けてみなくてはわかりません。ちなみに電気メスも炭酸ガスレーザーも、傷跡が小さくてすむという共通点があります。さらに施術時間も短時間で終わるうえ、出血もごく少量なのも良い点です。しかも傷跡が小さいため、縫合や抜歯はもちろんのこと輸血する必要もありません。そんな風に大掛かりな外科処置をしなくていいのが、電気メスや炭酸ガスレーザーの長所です。なお電気メスを使った物と通常の切開法のほくろ治療は、腫瘍の種類や状況次第で医療行為として認められるので運がよければ保険が適用される可能性もあります。それとは逆に炭酸ガスレーザーのほくろ治療では、美容目的の行為としてみなされるので保険が適用されることはほとんどありません。こんな理由から、電気メスや炭酸ガスレーザー、それに切開法のいずれかの治療法になるかによって、治療費が大きく違ってくる可能性もあります。ゆえに施術を受ける場合は、医師とよく相談してから決めるようにしましょう。美容整形外科で行うほくろ治療は、基本的にきれいに取り除く目的で行います。ゆえに取ることを最優先する民間療法や治療優先で行う病院のやり方と違い、跡が極力残らないようにほくろの治療をしてもらうことが可能です。運がよければその上で病気として認められ、保険適用で施術費用がかなり安くなる可能性もあります。これはほくろ治療をしたいけれど、仕上がりや費用をなるべく安くしたい方にとって最適な方法といえるでしょう。さらに美容外科で行う電気メスや炭酸ガスレーザーの治療は、痛みが少なくてすむメリットもあります。その上で希望すれば、麻酔用のクリームやテープを使用してもらいほとんど痛みを感じることなく施術することも不可能ではありません。また美容整形外科の中には、施術後にトラブルがあった場合に備えて保証やアフターケアを実施しているところもあります。何かあった時はそれを利用して、問題が解決するまで徹底的にフォローしてもらえるはずです。そこに加えて、納得のいくまでカウンセリングをしてもらえるのも美容整形外科を利用する際のメリットでしょう。カウンセリングは基本的に無料で行えるので、納得のいくまで何度でも通って説明してもらうのも一つの方法です。