色素細胞を除去|ほくろを治療して目立たなくしよう【一日で終わる施術が多い】

色素細胞を除去

男性医師

豊富なメニューを選択

ほくろを除去したいときは、皮膚科や形成外科や美容整形外科を利用するのが確実な方法です。このうち皮膚科は病気の治療を目的としており、健康保険を使えるというメリットがあります。ただし治療後の見た目には配慮しないことが多いので、傷跡が残ると困る顔などのほくろを治療する際には注意が必要です。形成外科はケロイドや手術の跡などを治療することができ、傷が残らないよう縫合するのが得意です。そのため大きなほくろを除去するのに向いているでしょう。形成外科と美容整形外科は混同しやすい診療科ですが、美容整形外科は美容を主目的としており、施術後の美しさを気にするなら有力な選択肢になります。単にほくろを取るだけでなく、肌をキレイに保つための各種施術を受けることができます。美容整形外科では施術のメニューも豊富で、皮膚の水分に反応する炭酸ガスレーザーや、黒いメラニン色素に反応するQスイッチレーザーなどを使い分けます。小さなほくろであればメスを使わず除去することができ、傷跡もほとんど残らないため、あまり時間をかけたくない方にも人気があります。美容整形外科でも場合によってはレーザーメスを使用することもあり、最善の方法は医師のカウンセリングを受けて決めることになります。ほくろは母斑細胞という色素細胞が集まったもので、紫外線などの刺激を受けると、メラニン色素を産み出し拡大していくことがあります。最初は小さな点だったものが、年月を経て大きく盛り上がる場合もあります。ほくろ自体は良性の腫瘍で痛みもなく、無理に治療する必要はありません。ただし短期間で急速に大きくなった場合は、悪性黒色腫という皮膚ガンの可能性があるため、できるだけ早く医療機関を受診することが大切です。医療機関では専門の機械を使ってガンかどうかを検査し、悪性であれば手術で取り除きます。良性の腫瘍でも、大きければ将来ガンになる恐れがあるので、取ってしまったほうが良い場合もあります。また見た目が気になってコンプレックスを抱えている方は、早めに治療してしまえば前向きに生きられるようになるでしょう。大きいほくろは何回かに分けて除去することもできます。ただし手術方法によっては傷跡が残ってしまう場合もあるので、十分にカウンセリングを受け納得してから施術を受けることが大切です。レーザー治療には基本的に保険は適用されませんが、治りが早く気軽に施術を受けられるのが特徴です。ほくろのある部位や大きさによって、治療方法を選ぶとよいでしょう。