ほくろを治療して目立たなくしよう【一日で終わる施術が多い】

お肌のトラブルへの対策

顔に触れる女性

ほくろの問題を治療できる美容整形外科は選び方が重要で、クリニックや医師の実績を確認しておくと対応できます。美容整形外科を利用する時は最初にカウンセリングを受けて、支払い方法を決めれば必要な手術を受けられます。

詳しく見る

取り除きたい希望者は

男性医師

ほくろを治療する場合、一般的な皮膚科でも受けられますが、綺麗に取り除く事を目的にしている美容整形外科が選ばれています。治療方法はほくろの大きさや隆起か平らなどの状態により、施術内容も変わります。基本的に美容整形外科ではレーザーが主流です。

詳しく見る

美容整形外科で黒子取り

看護師

美容整形外科は、ほくろ治療の際の傷跡を目立たないように施術してもらえるうえアフターフォローや保証があるのがメリットです。また保険が適用されたり痛みを軽減してもらうこともできるので、そうした部分でも期待できます。

詳しく見る

色素細胞を除去

男性医師

ほくろは母斑細胞という色素細胞の集まりで、悪性腫瘍ではありませんが、見た目が気になるなら除去したほうが良い場合もあります。美容整形外科ではレーザーなどを使って、施術後の肌を重視した治療を行っています。

詳しく見る

コンプレックスを解消

顔に触れる女性

気になる箇所がきれいに

ほくろの除去手術はお肌にメスを入れる方法とメスを入れない方法があります。いろいろな種類がありますが、まずはメスで切除する方法に関してご紹介します。メスを使用すると聞くと手術に対し不安を感じる人もいますが、メスを使って切除する方法は手軽に行える施術で、一般的に日帰りで施術を受けることが可能です。メスで切除する方法はいくつかあり、例えばくり抜く方法があります。メス以外にも対象部位だけをきれいにくり抜くことができ、クリニックによっては医療用パンチのようなツールを使用して気になる部位の切除が行われます。この方法が適用できるのは大きさが5mm〜6mmよりも小さく、膨らんでいないような状態ののみ行うことが可能です。くり抜き以外には対象部位を大きく切除した後で縫合を行う切除縫合方法があります。これはくり抜き方法と併せて治療されることが多く、一般的に普及されている除去手術です。くり抜き方法と違って部位の大きさより余分に多く皮膚を切り取ることになります。一般的に気になるほくろの大きさに対して3倍ぐらいのサイズに木の葉型のように皮膚を切り取ってから縫合を行います。治療中は麻酔をかけて行われるので痛みを感じることはありません。ほくろにはいろいろな種類があり、悪性腫瘍が疑われるような場合は必然的に除去する必要がありますが、審美的な面から見て除去した方が良い場合もあります。アメリカやヨーロッパを中心に子供の内に気になるほくろはとってしまうという文化があり、皮膚がんなどの発症率が高いという理由にも繋がっています。審美的な面において大きな目的の一つで、以前日本ではそれほど普及されていませんでしたが、近年では価値観などが大きく変化していて審美的な面から海外のように美容整形外科などでほくろを除去する人がかなり増えているそうです。特に顔にある隆起したものは見た目があまり良くないので、女性はもちろん男性も除去する人がいます。いろいろな施術がありますがレーザー治療や手術治療などがあげられます。紡錘形に切除し縫い合わせるやり方や、形に沿ってくり抜くという方法を受けることが可能です。一日で終わる施術が多く周囲の皮膚を引っ張って縫うという方法もありますが、炭酸ガスレーザー治療に比べると傷の面においてで仕上がりがやや劣るとされています。場合によっては手術の方が適していることもあり、特に大きなものや深くまであるもので顔以外の部位なら手術の方が良いかもしれません。